オルニチンは肝臓の強力なパートナー

内科女医さん

オルニチンはアミノ酸の種類の中の「遊離アミノ酸」といい、たんぱく質を構成しないアミノ酸で必要な時だけ働き、そのあとは体内に遊離している状態です。オルニチンは摂取されると遊離しながら、肝臓・腎臓・筋肉などに移行します。

肝臓は生体の化学工場と言われ、血液で運ばれてきた栄養素の分解・合成・貯蔵・解毒を行っています。

例えばグリコーゲンの合成・貯蔵・分解やアンモニアの解毒作用などです。アンモニアは体内に蓄積すると脳障害を引き起こす危険な物質です。

現代では疲労やアルコールなどで肝臓の機能が低下した状態の方がたくさんいます。オルニチンはそんな機能低下した肝臓の保護や、肝臓でのタンパク質合成を高める働きがあります。

またアンモニアを解毒する代謝経路、オルニチン回路の一部を構成し、有害なアンモニアを無毒な尿素に変換します。

このようにオルニチンは肝臓の働き全体を保護し本来の機能を保つ働きをしています。肝臓は沈黙の臓器を言われており、気が付いた時にはかなりダメージを受けています。

普段から積極的に、オルニチンを摂取して大切な肝臓をしっかりと守りましょう。

オルニチンを含む食品

オルニチンは普段私たちが食べている食品に含まれています。しかしたんぱく質を構成するアミノ酸と比べると食品からの摂取が困難です。

しじみやエノキタケには比較的多く含まれていますが、その他の食品では一般的に含まれる量は微量です。ちなみに代表的なしじみは、100g(およそ35個)あたりに10.7~15.3㎎ほど含まれています。

お酒を飲んだ後は「しじみ汁」で二日酔いを防ぐのはよく知られています。しじみに含まれるオルニチンが、肝臓でアセドアルデヒドなど有害なものを解毒する作用に働くからです。低温で加熱すればしじみの中のオルニチンの量が増えるとも言われています。

その他の食品ですと、ヒラメ・キハダマグロ・チーズ・パンにも含まれています。特に高価な食品ではなく、身近な食品ですよ。

ただ、先程も申しましたが、オルニチンの含まれる量はごく少量です。

オルニチン摂取は、普段の食事からの摂取も心がけながら、不足分はサプリメントで積極的に補うのがベストなオルニチン摂取方法です。