オルニチンの効果

オルニチンの効果~女性

世界では健康指向が広がっておりサプリメントを使用する意識の高い方が増えています。オルニチンという成分はアミノ酸の一種でアルギニンの分解によって生成されます。

成長ホルモンと深い関係があり、筋肉を作る作用やエネルギー代謝をするうえで大切な成分です。サプリメントととしても疲労回復効果があるの大変で注目されている成分です。

体内でタンパク質をアミノ酸に分解する際に副産物としてアンモニアが生成されます。アンモニアは人体に非常に有害なので体の外に排出する必要がありますが、この時オルニチンは、アンモニアを尿素に変えて無毒化する作用もありますこれをオルニチンサイクルと呼びます。オルニチンは肝臓の解毒機能を高めるとともに、その負荷を軽減する働きもあります。

γ‐GTPの数値を下げる

女医さん肝臓は、アンモニア・アルコールの解毒や、体の老廃物の処理をする大変重要な臓器のひとつです。肝臓の機能正常に働かないと、慢性疲労になったりストレスが蓄積され、肌荒れや体が黄色に変化したり、体全体が機能不全に陥ります。

肝臓そのものも、脂肪肝、肝炎、肝硬変、肝癌などの思い肝臓病を発症する可能性が高くなります。肝機能の改善、予防にオルニチンの働きが効果があることが知られています。これは、オルニチンに肝臓の解毒作用を助ける成分があるからです。

肝臓の健康度が図る血液検査の項目に「γ‐GTP」という項目ありますが、ガンマGTPがオルニチンを含むしじみエキスを摂り続けた被験者は、劇的に肝機能が回復したという実証結果が報告されています。

この報告は飲酒によって肝機能が低下しアルコール性脂肪肝に発症している方に嬉しい報告です。

オルニチンは、NASH(非アルコール性脂肪肝炎)と呼ばれる、お酒を飲んでないのにアルコール性脂肪肝を発症した方に対しても効果があると報告されています。NASHは症状が悪化すれば肝硬変や肝不全へと進行する非常に危険性の高い病気です。

NASHをはじめ、脂肪肝、肝炎、肝硬変、肝臓癌と肝機能が悪化するのを抑止することなど、オルニチンの有する効果は医学界でも大変に期待されています。