オルニチンの成長ホルモン促進効果

健康的な女性

オルニチンの成長ホルモン促進効果

オルニチンの効果は様々ありますが、まず一番注目が成長ホルモン分泌の促進作用です。この成長ホルモンは、脳の視床下部下垂体で作られ、身体の成長を促すためにいろんなな働きをします。

タンパク質を合成して筋肉を作る働きや、体内のエネルギー消費量を高める(糖代謝)、脂肪代謝のために中性脂肪を分解したり、ミネラル代謝をあげて骨形成を促進させるなどです。

つまり成長ホルモンのおかげで私たち人間の60兆個の細胞の代謝も活性化され、筋肉は増え、脂肪は減り、骨も丈夫でいつまでも若々しくいられますね。しかし残念なことに20代から30代を過ぎると成長ホルモン分泌量は減っていきます。

そこでオルニチンが 脳の下垂体を刺激して成長ホルモンの分泌を促進するという大切な働きをしてくれます。オルニチンは成長ホルモンが減少することによる体脂肪増加や肥満を防ぐ働きをしてくれます。

成長ホルモンは人間の身体形成の命の根源になるものですから、いつまでも手放したくない成分です。そのためには常にオルニチンを摂取して適度な運動・質の良い睡眠を心がけましょう。

オルニチンの副作用は?

オルニチン副作用オルニチンは健康面や美容面などに優れた効果を発揮するので、当然積極的に摂取したいと考えます。

しかし、副作用は問題ないのでしょうか。オルニチンが多く含まれている食品は多くはありません。オルニチンが比較的多く含まれている「しじみ」でも、100gあたりの総オルニチン量は10mg~15mgと非常に少量です。

そういったことからも十分な摂取量を食品から取り入れるというのはなかなか難しいので、サプリメントや健康食品などで摂取する事になります。そうなると手軽に多く摂取できるのはいいですが、その反面副作用ってどうなんだろうという不安と疑問が出てきます。

でもご安心ください、オルニチンは生物や人体に存在している成分で、体内に蓄積されていかないのでよほど過剰に摂取しないかぎり特に問題となるような副作用などはありません。

オルニチンを含む食材を日常的に食べ、補助的にオルニチンサプリメントを摂取するのがバランスが取れて体には良い効果を期待できます。