オルニチンはアミノ酸の一種で、摂取されると腸で吸収され、主に肝臓に存在している「オルニチンサイクル」という有害なアンモニアの代謝に関係しているほか、機能が低下した肝臓を保護したり、肝臓でのたんぱく質の合成を高めるはたらき・・・