しじみのみそ汁

オルニチンは肝臓保護作用があるアミノ酸の一つであり、貝類のシジミに多いことで有名です。シジミの味噌汁は江戸時代から食べられていたもので、健康に良いことが知られていました。

かつては江戸の街の用水路や河川でシジミを取ることが容易で、味噌汁を作るための環境が整っていました。江戸時代の人は無意識のうちにオルニチンを摂取して、肝臓を保護していました。

しじみのみそ汁を作ろう!

シジミの味噌汁オルニチンの有用性は現代になって正確に確認されて、サプリメントの原料としても使われています。シジミが多くの用水路から姿を消してからは、家庭で食べる機会が減ったのは残念なことです。

今でもシジミが生息している河川がありますが、水質が悪ければ食用には不向きな場合があります。昔よりはシジミは貴重になりましたが、店で買うことは十分に可能です。オルニチンをしっかりと摂取するために、保存ができるシジミの常備菜なども用意しておくことが大切です。

シジミの味噌汁にはオルニチンが含まれるだけでなく、多種多彩なビタミンやミネラルも含まれています。毎日のようにシジミの味噌汁を飲んでいれば、美容にとっても嬉しいことになります。味噌に含まれる酵素のおかげで、肌の新陳代謝も良くなります。オルニチンなどのアミノ酸のおかげで、筋肉も丈夫になります。