中年女性2

遊離アミノ酸と呼ばれる栄養素のなかのひとつがオルニチンです。肝臓の細胞内部でアンモニアを中和する代謝臓器が肝臓であり、オルニチンサイクルを形づくります。尿素経路といわれここでアンモニアは解毒された尿素に変換されます。

尿素をなったのちには、肝臓で再びオルニチンが生成されます。オルニチンは、オルニチンサイクルの活動を高めることでミトコンドリアを活発にし、肝臓自身の元々持ち合わせた機能を維持します。

また、アンモニアの作用するとエネルギーの源であるATPの生成が妨げられます。オルニチンの効果は、アンモニアを除去することでエネルギー生成を効率的にし、疲労回復に効果を発揮します

オルニチンは普段の生活で感じる疲労を抑制する効果があります。おおまかに言うと、オルニチンは肝臓を元気にしアンモニアを取り除き、からだを回復をサポートするということです。

肝臓は沈黙の臓器

美肌女性肝臓はからだの化学工場などと言われ人間のからだの中では非常に重要な臓器のひとつです。役割として中心的なのは、栄養分の分解と結合,貯蔵に加えて解毒作用などです。アンモニアは、疲労の誘因物質と言われ、過剰に溜まると脳に負荷をかける大変危険な物質です。

肝臓が沈黙の臓器と言われるのは、ストレスや疲労の蓄積で機能低下しても肝臓自体では痛みを感じないので、からだにも痛みの反応が届かないためです。

現在はインターネットも発達しすべてのものがスピード化し、人間のからだはとてつもなく大きなストレスを受け止めています。現代社会のストレスや栄養偏ったバランスの悪い食事、アルコールやタバコなどの嗜好品により肝臓を大きな負荷を掛けています。

しじみなどの食品に含まれるオルニチンを効率的に摂取することで疲労を回復させ、成長ホルモンを生成して「脂質代謝・たんぱく質組成・コラーゲン合成」を促し、ダイエットや美肌にも効果を発揮します。バランスの良い食事とオルニチンのサプリメントで健康的なからだと肝臓を守って穏やかな生活をしましょう♪